リノール酸低減式花粉症対策実践者の声

リノール酸低減式花粉症対策

リノール酸低減式花粉症対策

 
 
実際に花粉症が治った方々の喜びの声をお聞き下さい。

花粉症と10日で決別する事ができました!
和泉繁様 39歳 会社経営 千葉県在住 
  

——————————————————————————–

26歳の3月に医師から「花粉症です」と診断されました。

花粉症という自覚がなく、やたらと鼻水が出て、 くしゃみが止らず、目がかゆい。。

会社にいても仕事にならないので病院にいき、 はじめて「花粉症」であるとわかりました。

以後、14年間、2月からゴールデンウィーク前までは2週間に1度、 耳鼻科に通院するのが毎年の慣わしとなりました。

薬を飲むのがわずらわしく、 「注射で治るよ」という友人のアドバイスを頼りに2~3、 耳鼻科をまわりましたが「ウチではその治療はやらないんです」と断られ、 以来、春は1日に2度、抗ヒスタミン剤を服用してきました。

薬の服用で確かに症状は和らぎますが、副作用の「眠気」がすごくて、 薬を飲まないと(花粉症の症状で)仕事にならない、 薬を飲んでも(眠くて)仕事にならない。

そんな悪循環の中で14年間を過ごしてきましたが、 ひょんなことから伊藤さまのマニュアルに出会い、 14年ぶりにスガスガしい春を迎えようとしています。

今シーズンは花粉の症状が出るのが例年より早く、 12月末から抗ヒスタミン剤を服用していました。

1日2回の服用です。夜の服用をうっかり忘れると、 朝は自分の鼻水が流水のように垂れて目を覚ますような状況です。

薬を飲んでも、朝は目やにがひどくて目があきません。

何度も洗顔して、処方された点眼薬をさしてようやく視界が定まる、 そんな毎日でした。

インターネットでマニュアルを購入するというのに なんとなく「うさんくささ」をぬぐい切れませんでしたが 以下の点を自分で判断し、で伊藤さまのマニュアルを購入しました。

①経済的理由 - 9800円という価格。

花粉症である以上、 1月下旬から4月下旬まで月に2回通院します(計7回)。
1回の通院で薬代含め2000円程度はかかります。

2000円x7回=14000円。

もし9800円で花粉症が治ったら通院より経済的におトク と感じました。

②時間節約

2月、3月の耳鼻科は混雑を極めます。
2時間待って、診察と吸引で3分・・・・。

正直、時間がかかりすぎてイラつくときもありました。

通院する必要がなけれれば、かなりの時間を節約出来る と感じました。

③完治 - 根本的な治癒

抗ヒスタミン剤の服用は、 神経感覚を麻痺させて花粉の症状を抑えるだけで 治癒にはつながりません。

14年間、当たり前のように薬を服用してましたが、 14年も薬を飲んでて治らない病気・・・どう考えてもおかいしいです。

副作用で強烈な眠気もありますし、 そもそも薬を身体に投与し続けてていいのか?

という疑問がありました。

薬の投与をやめることができて、副作用の眠気も感じなくなれば・・・ そう強く願っていました。

以上の理由でマニュアルを購入しましたが、効果がなければ全額返金 と記載があったので「無料お試し」と同じだな、 という気持ちでマニュアルとおりの内容を実践開始しました。

「実践」といっても作業としては1日に1分~2分です。

精神的、身体的に負担のある内容では無いので単なる習慣づけですね。

実践初日にマニュアルの中身で 「この部分をこう置き換えても大丈夫ですか?」と 伊藤さまにメールしましたら2時間後には返信がありました。

余りの早さんにビックリです。

返信内容も数値の伴った具体的なものだったので 伊藤さまの学識の深さと人柄に安堵したのを覚えています。

実践しながらマニュアルは4度読み返しました。

読み返すたびにノウハウが科学的な根拠に裏づけされている ことを実感し、「コレで治らなかったら嘘だな」と感じるようになり、 実践10日目には勇気を持って薬の服用をやめました。

この手記をしたためている今・・・ 実践13日目ですが、薬を断って4日目です。

鼻水もない、目やにもでない、 くしゃみも出ない、薬の副作用で眠気もない・・。

14年イヤイヤ連れ添ってきた花粉症と 10日で決別する事ができました!

この事実に家族も驚いていますが、一番ビックリしているのはわたし自身です。
10日間の僅かな実践が14年間の実績を覆したわけですから。。

先程メールで成果を報告しましたが、 伊藤さまにはいくら感謝してもしきれない程です。

実は7歳の長男が花粉症です。症状はかつてのわたしより軽いのですが それでも目を赤くして、鼻ばかりすすっているのは見るに耐えません。

しかしながら薬の副作用を考え、投薬は控えていましたが・・・

このノウハウなら長男にも適用できます。

しかも、本人は気づかないうちに花粉症が治っているはずです。

伊藤さま、本当に有難う御座いました。
今年の春は家族4人、桜の木の下で花見を楽しむことができそうです^^

和泉繁

目薬も差致しませんし薬の必要も感じません。
坂本真一様 39歳 神奈川県海老名市中新田在住
   

——————————————————————————–

マニュアルをダウンロードしてから2週間程経った所です。

病院からの処方箋を1つ軽い薬に切り替えました。

目薬は数日前からストップしていますがつらい事は御座いません。

花粉症とは長い付き合いです、もう15年以上悩まされていました。

ですから、まだ薬を手放すのは不安ですが、 もうしばらく様子を見て試してみます。

マニュアルを読んでいて驚いたのは、 日々好んで食べていた物の多くが引っかかっていたことでした。

これでは良くないものを蓄積するばかりだと初めて気づかされました。

勿論、いままで何もしてこなかったわけでは御座いません。

ユーカリオイルがいいと聞けば試し、 ヨーグルトを食べれば良いと言われれば実践し・・・

毎年何かしらテーマを絞って対策してきましたが、 結局病院で処方箋を貰う顛末。

今年もあきらめかけていた所でこのマニュアルを発見し、 正直だまされたつもりで購入した所です、すいません。

でも今では、**を携帯容器に入れて持ち歩いています。

これで毎年の通院と処方箋の金額を考えたら、 症状が軽くなるだけでも儲けものです。

実際に症状が軽くなる体験をしてますし、 このまま薬を飲まなくなればこんな幸せなことは御座いません。

今年成功すれば、日々の習慣を改善する事で、 来年以降も継続出来るわけですから

1度身についてしまえば、 単に習慣が入れ替わるだけですから負担に感じることもなさそうです。

当初は症状を抑えられたら、と、その程度でしたが このままいけば治るかも・・・期待大です。

——————————————————————————–
7日後  Date: Tue, 3 Apr 2012 12:58:19

前回のご連絡から更に1週間、 マニュアルを実践してからだと、およそ3週間程経ったころでしょうか。

症状がスーと軽くなる感覚になったので思い切って 薬を飲むのを止めてみました。

今は止めてから2週間程経過した状態です。

完全に花粉症がストップしたわけでは御座いませんが、 それでもきちんと過ごせる状態が続いてます。

1日の体調を見ていると、寝起きが一番調子悪いです。

悪いといっても、今まででいうと 「薬が効いていて、まあ楽に過ごせる状態」という感じです。

日中はまったく問題なく、目薬も差致しませんし薬の必要も感じません。

ただ、油断すると症状が再開しますね。

気が緩むと翌日は、朝起きると鼻水がタラーと(汗)

そんな時は集中して実践します。
無理な制限が必要ないので、苦にならずに続けられるのがいいですね。

まさかこんな短期間で効果を実感出来るとは思っても見なかったので びっくりしています。

でも一番の変化はマニュアルを読んでから、 自分の体調や食生活を注意して見るようになったことでしょうか。

いままでずいぶん無頓着に過ごしてたんだなと思います。

いつもはゴールデンウィーク明けまで憂鬱な日々が続くのですが、 今年はすっきりした気分で迎えられそうです。

本当に有難う御座います。
 
 
>>リノール酸低減式花粉症対策公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【リノール酸低減式花粉症対策関連サイト】

リノール酸低減式花粉症対策 リノール酸低減式花粉症対策 リノール酸低減式花粉症対策 リノール酸低減式花粉症対策 リノール酸低減式花粉症対策 リノール酸低減式花粉症対策 リノール酸低減式花粉症対策 リノール酸低減式花粉症対策 リノール酸低減式花粉症対策 リノール酸低減式花粉症対策

リノール酸低減式花粉症対策 伊藤 龍一

リノール酸低減式花粉症対策

リノール酸低減式花粉症対策

 
 
リノール酸低減式花粉症対策

多くの方が実際に治った 花粉症の根本療法 リノール酸低減式 とは?

花粉症の人の体には、 「かゆみの元となる物質」が溜まっています。

これを減らせば、花粉に反応しない体になります。

マスト細胞に溜まっているその物質は、 1ヶ月あれば、十分に減らせます。

その方法をこのマニュアルに纏めました。

花粉症の苦しみから逃れ、完全に解放されたいとお考えの貴方へ…

わたしには、花粉症に苦しめられてきた過去があります…

しかし現在は、花粉症を完治する事(体質改善)に成功し、 その経験や知識を、多くの花粉症の方々にお伝えする活動をしています。

完治(体質改善)に成功したのはわたしだけではなく、重度の花粉症だったわたしの母も同様です。

かつて、わたしの母の花粉症は2月になると、とにかくひどい状態で、 毎日、朝から晩まで目は真っ赤。

数分ごとに目薬をさし、数時間ごとに強い薬を飲んでいました。

夜にはぐっすり眠る事ができず、寝起きには喉がはれ、 朝は再び目が真っ赤にはれあがる…。

日中は鼻水、鼻づまりで家事が手につかない…。

そんな辛い生活を彼女は25年間続けていました。
わたしはそんな母を、痛ましく見ていたものです。

「何とかしてあげたい」と思っても、 実際は何もしてあげられずにいました…。

完治する方法を知らなかった当時のわたしには、何もしてあげられなかったのです。

そして一方のわたし自身も、ひどい花粉症に悩まされていました。
自分の症状を抑えるだけで精一杯でした…。

花粉症については、わたしも母も、いろいろな花粉症対策を試していましたが、 どれもその場しのぎにしかならず、状況は改善されませんでした。

今思えばあの当時のわたしは、 「このままずっと花粉症と付き合っていくしかないだろうな…」 と完全に諦めていたのです。

リノール酸低減式花粉症対策

このまま一生、苦しみつづけるしかないのか…

ある日、買い物から帰ってきた母親の目が、ものすごく真っ赤に腫れあがり、 今までに見たこともない程ひどい症状が出ていました。

目を“ぐりんぐりんと”かきむしる母…。
やがて目に傷ができ、ますます赤くなっていく母の目…。

それでも母は目をかくのをやめません。

20分程して、うっすらと膜の様なものが張っきてしまいました。

「ヤバい…。このままでは母の目は、どうにかなってしまう…」 とわたしは強い不安を覚えました。

「失明してしまうかも知れない…」 とさえ、本気で思いました。

たまらずわたしは言いました。
「やめてくれ!かあさん!それ以上かきつづけると失明しちゃうよ!!」

わたしはなんとか、かくのをやめてもらおうと説得し続けました。

それでも一向に目をかくのをやめない母。

そしてついにわたしは言ってしまいました。

「いいかげんにしろ!!!」

わたしはついに、自分の母親をどなりつけてしまいました。

泣きそうな顔になる母。

そして再び目をかきむしりながら、わたしのそばから離れて行きました…。

わたしは、ふと我に返り、自分がしたことを後悔しはじめました。

ただでさえ花粉症のかゆみと痛みで、もがき苦しんでいた母。
そんな母に対して、わたしは何てひどいことを言ってしまったんだろう。

本当なら、やさしい言葉をかけてあげなきゃいけなかったはず。
少しでも力になってあげなきゃいけなかったはず。

それなのにわたしは、こともあろうに、罵声をあびせ、傷つけてしまったのです。

わたしは、花粉症がいかに辛くて悲しいものなのか、それなりに理解していたつもりでした。
何故ならわたし自身も花粉症で苦しんでいたからです。

リノール酸低減式花粉症対策

母は、25年以上も花粉症に苦しめられてきました。
シーズン中には、毎日欠かさず薬を飲み、目薬をさし、マスクをしていました。

いつもティッシュをそばに置き、かゆい目をこすっては、 辛そうにしている姿が、今も目に浮かびます。

いつも目がしみて、痛みに耐えていたわたしの母。

わたしはそんな母に罵声をあびせてしまったのです。
わたしはすぐさま、自分の愚かさに気がつきました。

「何やってるんだ俺は…」

そしてわたしは次のように考えました。

今までのわたしは、花粉症に苦しむ母に対して、 一体何をしてあげられただろうか?

苦しんでいる母をよそに、何もしてこなかったのでは無いか?

そもそもわたしは、 花粉症を “完治(根本解決)” する事に、 どれ程の力を注いできただろうか?

“完治”しようと全力で努力してきただろうか?

そう自分に問いかけてみました。

なさけないことに、 わたしは「その場しのぎ」の対策に終始するばかりでした。
対症療法しかやってこなかったのです。

そして、 「花粉症は完治しないもの」 と思い込んでいる自分に気がついたのです。

完治出来るとも思っておらず、 完治する努力もしてきませんでした。
 
 
>>リノール酸低減式花粉症対策公式サイトはこちらから